ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 白川郷濡髪家の殺人

  • 白川郷濡髪家の殺人

白川郷濡髪家の殺人

  • 吉村達也/著 吉村 達也
    1952年、東京都生まれ。一橋大学商学部卒業。ニッポン放送ディレクター、扶桑社編集長を経て、1990年専業作家に

  • シリーズ名
    講談社ノベルス ヨD-13
  • ページ数
    335p
  • ISBN
    978-4-06-182730-1
  • 発売日
    2010年08月

960 (税込:1,037

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『週刊真実』編集長の桜木大吾は、世界遺産の白川郷合掌造り集落をモデルにした推理小説『濡髪家の殺人』の著者・夏川洋介から、連載を中止したいと唐突に切り出される。その申し出はすぐ撤回されたが、担当編集者の生首が東京の多摩川で、胴体が五百キロ以上も離れた白川郷で発見された!犯人はなぜ首を切断したのか?猟奇事件の意外な真相に志垣警部と和久井刑事が挑む。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 白川郷濡髪家の殺人
  • 白川郷濡髪家の殺人

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中