ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記

  • ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記

ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記

  • チャーリィ古庄/著 チャーリィ古庄
    1972年東京生まれ。航空フォトジャーナリスト。国内外の航空会社で勤務した後、カメラマンとして独立。国内はもとより撮影フィールドを世界に広げ、年に10~20回ほどは海外に渡航し、欧米はもちろん、アフリカから南米まで、どこへでも出かけている。パイロットライセンスを所有しており、自ら軽飛行機を操縦して取材先に行くこともある。航空会社、政府観光局、旅行会社などの宣伝・広報媒体やカレンダーの制作、テレビ・ラジオの航空関連番組出演、映画制作などに携わっているほか、カメラメーカー主催の航空写真セミナーや写真教室、トークショーなども積極的に行っている

  • ページ数
    145p
  • ISBN
    978-4-86320-359-4
  • 発売日
    2010年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,619 (税込:1,749

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 滑走路は砂浜!住宅の隣に管制塔!山の斜面にへばりつく空港!着陸したら真正面に崖が!…日本の常識とはかけ離れたユニークな空港の数々。
目次
第1章 意外な場所、意外な目的、意外な飛び方―こんなところになぜ空港が!?(滑走路はビーチ!波打ち際の珍エアポート―バラ飛行場(イギリス)
羽田よりも発着数が多い“セレブ空港”―バンナイズ空港(アメリカ) ほか)
第2章 驚きの構造と立地条件―空港を造れぬ場所はない!(海に突き出す“飛行甲板”―マデイラ「フンシャル」空港(ポルトガル)
隣家の庭が見える住宅街の管制塔―ウェリントン空港(ニュージーランド) ほか)
第3章 あなたはここに降りる気がしますか?―この空港、危険につき(滑走路の向こうに絶壁が立ちはだかる―ティオマン空港(マレーシア)
山肌にへばりつく坂道滑走路―ルクラ空港(ネパール) ほか)
第4章 目に見えない滑走路から飛ぶ!―空港は自然が造る(冬と夏には湖面が滑走路に変身!―グレートスレーブ湖(カナダ)
港湾に発着するビジネス路線―バンクーバー水上飛行場(カナダ))
第5章 空港は最高のレジャーランドだ!―ウソのようなホントの空港(原っぱに歴史を刻む「世界初の空港」―ハフマン・プレイリー・フライングフィールド(アメリカ)
日本にも飛来していたジャンボに宿泊―ストックホルム・アーランダ空港(スウェーデン) ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記
  • ホントにある!!世界のビックリ空港探訪記

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中