ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝

拡大

  • 君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝

君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝

  • 早坂暁/著 早坂 暁
    1929年(昭和4)、愛媛県松山市生まれ。作家、中川幸夫事務所世話人代表。本名、富田祥資(とみた・よしすけ)。日本大学芸術学部演劇科卒業後、業界紙編集長、ある時は富田二郎、ある時は早坂暁の名で、評論や小説、シナリオを書き始める。以後、小説、映画シナリオ、舞台演出、ドキュメンタリー製作を手がける。新田次郎文学賞、講談社エッセイ賞、放送文化基金賞、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、芸術祭大賞、モンテカルロ国際テレビ祭脚本賞、放送文化賞、向田邦子賞ほか受賞多数

  • ページ数
    339p
  • ISBN
    978-4-7630-1026-1
  • 発売日
    2010年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • もっとも日本的な「生け花」を刺殺し、その血で花の命を造形した悲しくも狂おしき鬼才。同じ郷土で生まれ、中川を凝視してきた人間ドラマの旗手・早坂暁が刻む華・狂気・エロスの幻視館。
目次
我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか―ゴーギャン
生まれ生まれ、生まれる前に暗く、―『空海絶語』より
誰がために花は咲くらむ 故郷の庭―大正天皇御製
いくさらが濺ぎし血かとわけいりて見し草むらの撫子の花―森鴎外
風呂出で 詩へ寝る 月輝る―ベートーベン・第九より
蛸ノ遺骨ハ 帰ラナイ 骨ガナイノデ 帰レナイ
闇夜に飛礫を投げる人びとよ
刻刻是好刻―茶室・好刻庵
悲しい歌 うれしい歌 たくさん聞いたよね
哲学堂の葉擦レ人たち
サン・レミの修道院の庭
林檎喰うて牡丹の前で死なんかな
狂花思案抄

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝

拡大

  • 君は歩いて行くらん 中川幸夫狂伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中