ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 箸の民俗誌

  • 箸の民俗誌

箸の民俗誌

  • 斎藤たま/著 斎藤 たま
    1936年、山形県東村山郡山辺町に生まれる。高校卒業後、東京の本屋で働く。1971年より民俗収集の旅に入る。現在、秩父市在住

  • ISBN
    978-4-8460-0877-2
  • 発売日
    2010年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,530

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本人の食卓に欠かせない箸。各地に見られる桑や南天の箸から、香り高いクロモジの箸、九州の正月箸・栗箸など、さまざまな箸の由来をたずねる全国“聞き書き”民俗誌。
目次
1 日常の箸(桑の箸
南天の箸 ほか)
2 行事の箸(正月の箸
節分の箸 ほか)
3 すりこぎ(すりこぎ
爼 ほか)
4 なぜ箸を使うのか(食品のまよけ
なぜ箸を使うのか ほか)
5 もう一つのハシ(橋)(橋を削る
橋を渡れない人たち ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 箸の民俗誌
  • 箸の民俗誌

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中