ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ「牛乳」は体に悪いのか 医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

  • なぜ「牛乳」は体に悪いのか 医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

なぜ「牛乳」は体に悪いのか 医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

  • フランク・オスキー/著 弓場隆/訳 オスキー,フランク(Oski,Frank A.)
    医学博士。米国の小児医療、血液学、栄養学の権威。1958年、ペンシルベニア大学で医学博士号を取得。小児科の研修医としてペンシルベニア大学付属病院に勤務。ハーバード大学特別研究員としてボストン小児病院で血液学を研究。63年、ペンシルベニア大学医学部小児科准学士。その後、ニューヨーク州立大学医学部教授を経て、85年、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の小児科部長と小児センター所長に就任。小児科学術研究協会会長。アメリカ小児科協会、アメリカ臨床研究協会、全米医学研究所、全米科学アカデミーの会員

    弓場 隆
    翻訳家。神戸大学卒業

  • シリーズ名
    プレミア健康選書
  • ISBN
    978-4-492-05925-8
  • 発売日
    2010年08月

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

1,100 (税込:1,210

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本来、子牛の飲み物である牛乳は、アレルギー、下痢、胃けいれん、虫歯、虫垂炎を引き起こす。あるいは、心筋梗塞、脳卒中、がんのリスクを高める―。医学界、酪農・乳業界のタブーに挑戦し、米国で読み継がれているロングセラーの日本版。
目次
序章 この世で最も過大評価されている食品の実態
第1章 牛乳の糖質は、消化器症状を引き起こしやすい
第2章 牛乳のたんぱく質は、アレルギー体質をつくりやすい
第3章 牛乳の脂質は、心筋梗塞・脳卒中・がんのリスクを高める
第4章 ミルクは赤ん坊を病気にかかりやすくする
第5章 牛乳はカルシウム源として不適切である
第6章 牛乳にありがちな風味の劣化と細菌の汚染
第7章 難病の原因は牛乳だった!
第8章 事実を歪曲している牛乳の宣伝と報道
第9章 牛乳は青少年の精神面に悪影響を及ぼす
第10章 牛乳は完全栄養食品の名に値しない

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
原題 原タイトル:Don’t drink your milk!:Frightening Medical Facts about the Wold’s Most overrated Nutrient
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • なぜ「牛乳」は体に悪いのか 医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害
  • なぜ「牛乳」は体に悪いのか 医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中