ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • “It”(それ)と呼ばれた子 さよなら”It” 完結編

  • “It”(それ)と呼ばれた子 さよなら”It” 完結編

“It”(それ)と呼ばれた子 さよなら”It” 完結編

  • デイヴ・ペルザー/著 田栗美奈子/訳 ペルザー,デイヴ(Pelzer,Dave)
    カリフォルニア州デイリーシティに生まれる。州史上最悪といわれた児童虐待を生きのび、その後、米空軍に入隊。一方で、自らの経験を活かして、カリフォルニア州各地の児童自立支援施設および青年援助プログラムで活動を続ける。児童虐待にたいする一般の認識の向上およびその防止に力を注いだとして、米国内で高い評価を得ている

    田栗 美奈子
    翻訳家。お茶の水女子大学英文科卒

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス N-ヘ1-13
  • ページ数
    377p
  • ISBN
    978-4-86332-263-9
  • 発売日
    2010年07月

740 (税込:799

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「母さんを、ぼくは許せるだろうか?」幼い時から実母による虐待を受け続けたのち、里子として偏見と差別のなかで成長し、18歳で空軍に入隊したデイヴ。かつてはヒーローだった父親が哀しい死を遂げ、結婚生活もまた悲劇に終わる。それでも、最愛の息子スティーヴンとのふれあいを通じて、癒されてゆく。そして、ついに母親との再会を決意。憎しみと許しのはざまで苦悩しつつも、人生最大の問いかけ―「なぜ、ぼくを虐待したのか?」と尋ねるために…。虐待体験者がトラウマを乗り越え、人間として生まれ変わるまでの魂の軌跡。
目次
“It”だったころ
大空を飛んで
父さんから手紙
悲しい再会
さよなら父さん
それぞれの痛み
母さんの過去
はじめての恋
神様からの贈りもの
最後の対決
世界中の“It”のために
母さんの死
切れた絆
マーシャとの出逢い
そして、ロシア川のほとりで
さよなら“It”と呼ばれた子

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:A MAN NAMED DAVE
対象年齢 一般
版数 新訂版

ページの先頭へ

閉じる

  • “It”(それ)と呼ばれた子 さよなら”It” 完結編
  • “It”(それ)と呼ばれた子 さよなら”It” 完結編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中