ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大相撲行司の伝統と変化

  • 大相撲行司の伝統と変化

大相撲行司の伝統と変化

  • 根間弘海/著 根間 弘海
    昭和18年生まれ。現在は専修大学教授(経営学部)。専門は英語音声学(音韻論)

  • ページ数
    352p
  • ISBN
    978-4-88125-256-7
  • 発売日
    2010年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 主に明治期以降の大相撲行司について、文字資料や絵図資料を駆使し、その歴史的経緯を明らかにする。軍配の握り方、譲り団扇、行司と草履、行司の帯刀、昭和初期の番付と行司、明治30年以降の番付と房の色、他。
目次
第1章 軍配の握り方を巡って
第2章 譲り団扇
第3章 行司と草履
第4章 明治43年以前の紫房は紫白だった
第5章 幕下格以下行司の階級色
第6章 行司の帯刀
第7章 帯刀は切腹覚悟のシンボルではない
第8章 昭和初期の番付と行司
第9章 明治30年以降の番付と房の色

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大相撲行司の伝統と変化
  • 大相撲行司の伝統と変化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中