ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 機能性化粧品素材開発のための実験プロトコール集

  • 機能性化粧品素材開発のための実験プロトコール集

機能性化粧品素材開発のための実験プロトコール集

  • 正木仁/監修 正木仁 (株)コスモステクニカルセンター 代表取締役社長
    他38名

  • ISBN
    978-4-7813-0248-5
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

65,000 (税込:70,200

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 化粧品,医薬部外品の開発に安全性および有用性評価は避けては通れない開発の過程である。
     2009年3月,EUでは化粧品指令の7次改正が施行され,動物試験による化粧品製剤と配合原料の安全性,有用性評価はほぼ全面的に禁止された。この流れはEU内にとどまらず将来,アジア諸国へ伝播することは必至である。このような国際的な環境変化は動物を使用しない安全性評価法と有用性評価法の確立に拍車をかけている。特に安全性評価については再生表皮モデルや再生角膜上皮モデルを用いた評価法が開発され,既に一部の試験法はOECDのガイドラインとして採用されている。さらに感作性試験法についても国内において開発されたh-CLAT法が国際標準へなるためのvalidation過程に入っている。
     また,有用性試験においても従来,動物試験において評価されていた美白試験や抗シワ試験を,再生皮膚モデルによる評価に切り替えつつある。
     さらに,皮膚有用性項目についても近年,多様化の傾向を示し,その多様性に対応するための評価法の確立が精力的に実施されているのが現状である。
     本書は『機能性化粧品素材開発のための実験法―in vitro/細胞/組織培養―』(2007年5月,シーエムシー出版発行)の姉妹本として実験書に特化して企画された。本書は,近年の皮膚有用性の多様化に対応して角層から真皮まで,さらには毛髪,皮脂腺にいたるまで,有効成分のあるいは有効成分を配合した最終製剤の作用を評価するための,さらには安全性評価するための動物試験代替法に関する実験書である。
     試験の背景については上記の姉妹本を参照することとし,本書では各実験法の原理をわかりやすく解説し,読者が本書を参照することにより実験を実施できることを特長としている。そのため,各試験法は試験の原理,試薬の調製,実験の操作および試験法に係わる文献にて構成されている。
     本書が,化粧品開発に携わる研究者の皆さんの有用性,安全性評価実験の一助となれば幸いである。

    (「はじめに」より) 2010年6月 (株)コスモステクニカルセンター 正木 仁
目次
【第1編 表皮関連実験法】
第1章 脂質分析実験法
第2章 角層細胞分析実験法
第3章 角化マーカー関連実験法
第4章 毛穴関連実験法

【第2編 美白関連実験法】
第1章 メラノサイトに関する実験法
第2章 ケラチノサイトに関する実験法
第3章 再生皮膚モデルに関する実験法

【第3編 抗老化実験法】
第1章 細胞外マトリックス合成関連実験法
第2章 細胞外マトリックス分解関係実験法
第3章 DNA傷害関連実験法

【第4編 活性酸素関連実験法】
第1章 化学的実験法
第2章 生物学的実験

【第5編 ニキビ関連実験法】
第1章 P.acnesに対する実験法
第2章 培養細胞を用いた実験法

【第6編 育毛剤実験法】
第1章 生化学実験法
第2章 培養細胞を用いた実験法
第3章 培養器官を用いた実験法

【第7編 動物代替法安全性実験法】
第1章 皮膚腐食性試験法
第2章 皮膚一次刺激性試験法
第3章 眼刺激性実験法
第4章 光毒性試験実験法
第5章 皮膚アレルギー性実験法

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 機能性化粧品素材開発のための実験プロトコール集
  • 機能性化粧品素材開発のための実験プロトコール集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中