ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アメリカは本当に「貧困大国」なのか?

  • アメリカは本当に「貧困大国」なのか?

アメリカは本当に「貧困大国」なのか?

  • 冷泉彰彦/著 冷泉 彰彦
    米国ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。1959年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院修了。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米し、現在はプリンストン日本語学校高等部主任。ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトで「プリンストン発新潮流アメリカ」、メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「from911/USAレポート」、日経マネーで「冷泉彰彦の米国マネー最前線」を連載

  • ISBN
    978-4-484-10214-6
  • 発売日
    2010年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ、オバマの「チェンジ(変革)」と「ホープ(希望)」に対して、ブッシュ時代と同じようなネガティブな視線を投げかけているのか?なぜ、「結果の不平等」の悪例探しに熱中する一方で、少なくとも日本よりは実現されている「アメリカの機会均等」制度を紹介しないのか?21世紀型の「嫌米感情」とシンクロした『ルポ貧困大国アメリカ』に対する反証を行い「オバマのアメリカ」の1年半を検証する。
目次
序章 異議あり「貧困大国アメリカ」
第1章 オバマの「希望」を支える機会均等の思想
第2章 対外イメージは「チェンジ」したか―オバマの軍事外交
第3章 政争に粘り勝つ「希望」―オバマの医療保険改革
第4章 草の根保守を抜きにアメリカは語れない
第5章 オバマの経済政策に「希望」はあるか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アメリカは本当に「貧困大国」なのか?
  • アメリカは本当に「貧困大国」なのか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中