ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくと未来屋の夏

  • ぼくと未来屋の夏

ぼくと未来屋の夏

  • はやみねかおる/著 はやみね かおる
    1964年生まれ。三重大学教育学部卒。『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選。「講談社青い鳥文庫」の“名探偵夢水清志郎事件ノート”シリーズは超人気シリーズとなる。そして『名探偵夢水清志郎事件ノート』(漫画・えぬえけい)で第33回講談社漫画賞児童部門を受賞。またうつのみやこども賞を3度受賞するという偉業を達成した(第17回『いつも心に好奇心!』、第20回『ぼくと未来屋の夏』、第26回『恐竜がくれた夏休み』)

  • シリーズ名
    講談社ノベルス ハD-06
  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-06-182726-4
  • 発売日
    2010年07月

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夏休み前日、髪櫛小学校六年の風太は「未来を知りたくないかい?」と、未来を百円で売る“未来屋”猫柳さんに呼び止められた。この出会いが夏休みに嵐を呼ぶ!!彼が勝手に決めた風太の自由研究は「神隠しの森」調査!かくれんぼすると子供が消えると言われる恐怖の森だ。他にも町には「首なし幽霊」、「人喰い小学校」、「人魚の宝」と不気味な噂が山盛り!二人にはどんな未来がまちうけている。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくと未来屋の夏
  • ぼくと未来屋の夏

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中