ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 不可能犯罪課の事件簿

  • 不可能犯罪課の事件簿

不可能犯罪課の事件簿

  • ジェイムズ・ヤッフェ/著 上杉真理/訳 ヤッフェ,ジェイムズ(Yaffe,James)
    1927年シカゴ生まれ。15歳でEQMMに短編ミステリ「不可能犯罪課」を投稿、同誌に掲載されデビュー。イェール大学を卒業後、“ブロンクスのママ”シリーズ第1作「ママは何でも知っている」を発表。普通小説、戯曲なども手がける

    上杉 真理
    英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    論創海外ミステリ 92
  • ISBN
    978-4-8460-1049-2
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ニューヨーク市警殺人捜査局不可能犯罪課。不可能犯罪を専門に扱うその課の主、ポール・ドーンが歴史上の謎を見事に解く「皇帝のキノコの秘密」ほか、“ブロンクスのママ”シリーズで有名なジェイムズ・ヤッフェによる“不可能犯罪課”シリーズ全6編。さらに、ノンシリーズ2編と、本国版EQMM掲載時にエラリー・クイーンが寄せたコメントを全編に収録。ヤッフェの才気とクイーンの名編集長ぶりをご堪能あれ。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:The Case Book of Department of Impossible Crimes
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 不可能犯罪課の事件簿
  • 不可能犯罪課の事件簿

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中