ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流

  • 土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流

土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流

  • 倉田耕一/著 倉田 耕一
    昭和27年9月、秋田市(旧河辺町)生まれ。仙台市内の大学卒業後、病院勤務、業界紙記者を経て昭和63年10月から全国紙(産経新聞)記者。秋田支局、水戸支局、各通信部、東京本社編集管理部を最後に平成21年12月末、同社を退職。茨城県土浦市在住

  • ページ数
    285p
  • ISBN
    978-4-404-03880-7
  • 発売日
    2010年07月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和19年6月、土浦海軍航空隊へ土門拳が海軍省の依頼で訪れた。土門は短期間とはいえ、まだあどけなさが残る甲種13期生の「入野分隊」第四班の予科練生と起居をともにし、彼らの生活や基礎訓練を予科練生が辟易するほど追い続け、彼一流のアングルで撮影を続けた。しかし、その事実は戦後、一部の関係者を除き公にされる機会がなかった。土門の遺した写真は戦時下の貴重な記録であり、「歴史の証言」ともいえるだろう。戦後65年の歳月を経た現在、「海軍の精神」を写し取ったその写真が退廃した世相を“逆照射”し、今、鮮明によみがえる。
目次
土門拳が封印した写真
大空にかけた青春―予科練の群像(母なる湖、霞ヶ浦の日々
予科練体操
山本元帥像
米本土に焼夷弾を投下した男
下駄ばき機(水上機)
分隊長の手紙
神風特別攻撃隊「昭和隊」
冬将軍
昭和二十年六月十日
ロケット戦闘機「秋水」
特別休暇
玉音放送)
もうひとつの予科練―異籍の民、林栄貞の生涯

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流
  • 土門拳が封印した写真 鬼才と予科練生の知られざる交流

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中