ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 曽野綾子 天駈けるほどの軽やかな魂の自由

  • 曽野綾子 天駈けるほどの軽やかな魂の自由

ポイント倍率

曽野綾子 天駈けるほどの軽やかな魂の自由

  • 曽野綾子/著 外尾登志美/編 曽野 綾子
    1931年、東京都生まれ。本名・三浦知寿子。作家。幼稚園から大学まで聖心女子学院で学ぶ。22歳で作家三浦朱門と結婚。翌年『遠来の客たち』が芥川賞候補となり、文壇にデビュー。神、命、社会、戦争など幅広いテーマで人間を描く作品を次々に発表。その活躍は「才女の時代」と称され、文学史的には「第三の新人」に属する

  • シリーズ名
    人間の記録 180
  • ページ数
    319p
  • ISBN
    978-4-284-70050-4
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 22歳で作家三浦朱門と結婚。翌年「遠来の客たち」で芥川賞候補となり、文壇にデビュー。神、命、社会、戦争など幅広いテーマで人間を描く作品を次々に発表。代表作に「神の汚れた手」「望郷の歌」「たまゆら」など多数。
目次
1 生涯(不幸な家庭
過保護 ほか)
2 根底にある気質(対人恐怖・不信・怠惰
戦争体験から学んだ人間の無力存在の容認 ほか)
3 運命に導かれて(途上国への旅
輝く星としての、神父と修道女たち ほか)
4 作家として(作家への必然
文学的探求 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 曽野綾子 天駈けるほどの軽やかな魂の自由
  • 曽野綾子 天駈けるほどの軽やかな魂の自由

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中