ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大宅壮一 自伝

  • 大宅壮一 自伝

ポイント倍率

大宅壮一 自伝

  • 大宅壮一/著 大宅 壮一
    1900~1970。大阪府生まれ。大正から昭和の評論家、ノンフィクション作家。旧制中学時代に、賀川豊彦の影響を受け社会問題に関心を持つ。茨木中学、第三高等学校を経て、東京帝国大学社会学科へ進む。大学中退後、軽妙な語り口で人物、世相をするどくとらえ、評論家として活躍。「一億総白痴化」「太陽族」「恐妻」などの流行語づくりの名人としても有名。「マスコミ塾」を開講し、多くのジャーナリストを育成

  • シリーズ名
    人間の記録 179
  • ページ数
    161p
  • ISBN
    978-4-284-70049-8
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 1957年「ノンフィクションクラブ」を結成し、若手ジャーナリストを育成。1969年には大宅壮一ノンフィクション賞の創設を発表。収集した資料は20万冊にも及び、その資料「雑草文庫」はその後「大宅壮一文庫」へと継承される。三女はジャーナリストの大宅映子。
目次
わが珍商売往来
わが青春期
レジスタンス派中学生
わが無法者時代
放浪交友記
倭寇
旅の相棒物語
歴史の舞台裏
引越し
息子への言葉
子供の給料

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 大宅壮一 自伝
  • 大宅壮一 自伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中