ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 愛妻からみた素顔の三沢光晴 LAST BUMP

  • 愛妻からみた素顔の三沢光晴 LAST BUMP

ポイント倍率

愛妻からみた素顔の三沢光晴 LAST BUMP

  • 丸井乙生/著 丸井乙生(まるい・いつき)1973年生まれ、青森県青森市出身。青森高校、中大法学部卒96年スポーツニッポン新聞社入社。五輪競技担当で98年長野五輪取材。仙台支局動務を経て2001~2004年にプロレスを担当。プロレスリング・ノア番として三沢光晴を取材し、三沢真由美夫人には09年秋から9カ月の取材を経て.本書を執筆。プロレス担当時代は各団体を広く取材し、橋本真也が旗揚げしたZERO-ONEl現(ZERO1)、ハッノスルでCS放送の解観者を務めた。現在はプロ野球の東京ヤクルトスワローズ担当。剣道四段。

  • ISBN
    978-4-583-10289-4
  • 発売日
    2010年07月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生前、三沢光晴が、私生活を公にすることはなかった。リング上でのイメージを守ることを大切にしていたからだ。夫人も、その遺志を継ぎ、これまで多くを語らなかった。だが、死後1年を迎え、彼女はキーを叩いた。そこにあったのは、事故と三沢の実像に対し、誤解を生じさせたくないという思い。―はじめて明かされる、特別な存在の、特別ではない姿。そして、ごく普通の家族の、ただただ愛に満ちた日々。
目次
PROLOGUEはじめに/第1章旅立ちの日/第2章ひまわり姻で2人/第3章三沢が三沢光晴になるまで/第4章哲学と童心/第5章ラストバンプ/EPILOGUEおわりに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 愛妻からみた素顔の三沢光晴 LAST BUMP
  • 愛妻からみた素顔の三沢光晴 LAST BUMP

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中