ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • イルカ

  • イルカ

イルカ

  • 水口博也/文・写真 水口 博也
    写真家・海洋ジャーナリスト。1953年、大阪生まれ。京都大学理学部動物学科卒業後、出版社にて書籍の編集に従事しながら、海棲哺乳類の研究と撮影をつづける。1984年、フリーランスとして独立。以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して数々の写真集を発表。とりわけ鯨類の生態写真は世界的に評価されている。1991年、写真集『オルカアゲイン』で講談社出版文化賞写真賞受賞。1997~2001年、人間と海や地球の関わりを考える独自のメディアとして、海のグラフィック雑誌「スフィア」を主宰。2000年、『マッコウの歌-しろいおおきなともだち』で第五回日本絵本大賞受賞。2001年、フランス、パリ郊外で毎年開催される世界野生動物写真フェスティバルの招待作家としてプレゼンテーションを行う。現在は1年の半分を海外で撮影と取材に費やし、残りの日本での半年を、執筆、編集およびビデオソフトのプロデュース等を行う。近年は地球の海全体を視野に入れ、サンゴ礁から南極・北極まで広範囲にわたる取材を展開している

  • シリーズ名
    ぼくら地球のなかまたち 1
  • ページ数
    〔40p〕
  • ISBN
    978-4-7520-0503-2
  • 発売日
    2010年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イルカは人間とおなじように、赤ちゃんをうんで、おっぱいで育てます。ぼくたちのとおいしんせきであるイルカは、水族館でも一番の人気者。イルカと名づけられているのは、およそ40種ものなかまがいます。外海にすむものや、岸近くにすむものなど、そのくらしはさまざま。これから彼らがすむ海を、たずねてみましょう。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 小学低~中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

イルカにもいろいろな種類があります。生活圏もいろいろです。この本は、いろいろなイルカの種類、生態についての解説書になっています。イルカ好きの子どもにはとても楽しいシーンが掲げられています。大人にとっては、イルカに関するうんちく話になっています。どちらにしても、写真をメインに置いた写真絵本ですので、夏にはうってつけの一冊です。いろいろな種類のイルカが紹介されているのですが、タイセイヨウマダライルカの写真が一番多いようです。先に水口さんの『ノチョとヘイリ』を見ました。この写真絵本では、そのノチョとヘイリの写真も取り込まれているようです。さがしていると、観察しているような気になりました。(ヒラパパさん 50代・千葉県市川市 男の子14歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • イルカ
  • イルカ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中