ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高杉さん家のおべんとう 2

  • 高杉さん家のおべんとう 2

高杉さん家のおべんとう 2

  • シリーズ名
    MFコミックス フラッパーシリーズ
  • ISBN
    978-4-8401-3333-3
  • 発売日
    2010年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

590 (税込:649

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 無事大学に職を得た温巳。そして最初は距離を置いていたはずの久留里が温巳に抱く恋心。大学の同僚になる小坂さんも温巳へのアタックを開始!?おべんとうを通じてそれぞれの気持ちを通い合わせ始める3人の思いの行方はどうなるのか? ますます絡まりあう複雑な気持ちが加速するハートフルおべんとうコメディ第2集登場! 今回もクネクネさせます!

あわせて買いたい、よく一緒に購入されている商品

商品を選択してください

商品詳細情報

フォーマット コミック
レーベル MFC
サイズ 19cm
対象年齢 一般

作り手の思い

・昨年に引き続いて一次選考から一押しです。大学の職という不安定な立場にありながら研究熱心な主人公・高杉温巳は、無口な従妹の女子中学生久留里と、おべんとうや料理を通じてコミュニケーション。間をつなぐのは、温巳にとっては伯母にあたり久留里の母である今は亡き美哉。一日一日を大切に過ごしている二人とその周りの人々にとても癒されます。人と人がどのようにつながっていくのか、そんなテーマも見え隠れします。それにしても、久留里の友だちは「アンファンテリブル」(恐るべき子どもたち)ばかり。大人顔負けの洞察力を持つ香山なつ希や超複雑な家庭事情で培われた高度なコミュニケーションスキルを有する丸宮光には脱帽です。

・おべんとうを誰かが作ってくれる嬉しさに心が温かくなる作品です。今回の候補作の中でも優しさが感じられるという点で一番でした。また、地理学的な話がこの作品の進展に自然な形で生かされている点も他にはないもので、面白く感じます。

・個人的に今年は食と生活というものを強く意識した年だったので、食を介したコミュニケーションをテーマに描かれるこの作品を一位に推しました。清涼剤のような善人なキャラ達に癒されつつ、今後のストーリー展開もきっちり気にさせてくれるのがいい。友達の多くにおすすめできる作品です。

・家族もので感動してよいのか、年の差恋愛ものとしてときめいていいのか、今後どちらに転ぶでしょう。楽しみです。そして、おなかがすきます。

・最近こういったお話しは結構人気がありますね。 年の離れた男女がある日突然家族になって行く。 そんな中でも、一際面白くて暖かさが伝わって来るのがこちらのタイトルになります。 弊社のお客さんには男女共に人気があります。 「お弁当」をきっかけにあまり話さないヒロイン久留里と、主人公温巳(はるみ)はギクシャクした関係から、仲良くなって行きます。 二人で暮らして行くうちに、どんどんと明るくなっていく久留里ちゃんを見ているとなんだかお父さんになった気分で読んでいます。 読み易さと正直に久留里ちゃん萌えでこちらに入れさせて頂きます。

・掲載誌(の対象読者)を問わない普遍的なストーリーテリングは職人芸を感じさせる。改めて評価されるべき漫画家に違いない。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高杉さん家のおべんとう 2
  • 高杉さん家のおべんとう 2

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中