ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくとかあさん

  • ぼくとかあさん

ぼくとかあさん

  • いもとようこ/作・絵 いもと ようこ
    兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒業。『ねこの絵本』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこ うたの絵本(1)』で同グラフィック賞受賞

  • ページ数
    〔32p〕
  • ISBN
    978-4-323-01379-4
  • 発売日
    2010年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いつもぼくのことをいちばんにかんがえてくれたかあさん。せかいじゅうのだれよりもやさしかったかあさん。ぼくがひとりだちするまで、たいせつにそだててくれたかあさん…。かあさんは、けっしてぼくをひとりぼっちにさせなかった。なのにぼくは…。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24×25cm
対象年齢 幼児

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ぼくはかあさんとふたりぐらしだった。やまおくのちいさなうちでそだった。まずしいけれど、かあさんはいつもぼくにやさしかった。なきむしでさみしがりやのぼくを、けっしてひとりぼっちにさせなかった。ぼくがなきだすと、すぐにとんできてだきしめてくれた。やがて、がっこうをそつぎょうし、まちのかいしゃではたらくことになった。誰よりも子どものことを思う母親の気持ち、時には過保護ではないかという一面を見せながらも、子どもの成長を見守っている。社会に巣立っても、不安な気持ちを支えてくれ、やがて自立すると…読みながら、とても複雑な気持ちになりました。どこまでどう関わっていくことがベストなのか、わが子が社会に巣立つ時期、親元を離れる時期を迎えている今、自分自身に色々問いかけることでした。これは、おとなのための絵本かな?(おしんさん 40代・鹿児島県鹿児島市 男23歳、女21歳、男18歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくとかあさん
  • ぼくとかあさん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中