ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グラツィオーソ

  • グラツィオーソ

グラツィオーソ

  • 山口なお美/著 山口 なお美
    山口県在住。インターネットで恋愛小説を連載し、多くの読者から支持を集める人気作家となる。「月の砂丘にふたり」でアルファポリス恋愛小説大賞・大賞を受賞し、出版デビュー

  • ISBN
    978-4-434-14451-6
  • 発売日
    2010年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 数年前まで県大会突破すら考えられなかった弱小吹奏楽部が、謎の美人教師の指導で生まれ変わる!そして挑むは夢舞台「吹奏楽の甲子園」への出場権!吹奏楽に捧げる、爽やか青春ストーリー。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

この本は、市内で読み聞かせボランティアをしている別の学校のお母さんから薦めてもらいました。中学に上がってからとんと本を読まなくなった娘が、久々に「すごく面白かった」と報告してくれた本なんです。って。どんな本なのか、すごく気になっていてやっと探してきました。吹奏楽に青春を燃やしている女子高校生が主人公でした。花の女子高校生が主人公なので、恋バナあり、友達や先輩とのいさかいなども描かれています。だけど、物語のメインはやっぱり吹奏楽のことでした。『吹奏楽部』って、知る人ぞ知る!進学を志している人たちには鬼門で、運動部以上にハードな部活なのです。このお話にもそういう会話が出てきますが、吹奏楽の大会は、運動部みたいに夏ではなくて秋!下手をすると2月までいろいろなイベントがあったりと、部活引退が遅くなるので、他の部活の子に比べて明らかに受験勉強に支障が出るんです。ただ、その分ものすごく青春できる部活なんだな?と、この本を読んで改めて感じました。後半で、主人公・彩音と彩音のお母さんがこんなことを言うんです。『羨ましいわよ。………ほんと、いいなあって思うのよ。他のことを考えないで、ひとつのことだけに熱中できるなんて素敵なことよ。………』私も自分の子どもたちをこんな風に応援できる母でありたいなぁと、思いました。この本は現役中高生のお子さんたちや、中高生をお持ちのお父さん・お母さんたちに読んでもらいたい1冊です。特に吹奏楽をやっているお子さんたちには、心に響くものがたくさんあると思います。(てんぐざるさん 40代・埼玉県久喜市 女の子16歳、女の子11歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • グラツィオーソ
  • グラツィオーソ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中