ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 潮騒の城に閉ざされて

  • 潮騒の城に閉ざされて

潮騒の城に閉ざされて

  • エリザベス・ソーントン/著 細田利江子/訳 ソーントン,エリザベス(Thornton,Elizabeth)
    スコットランド出身。故郷アバディーンで保育園の教師を務めたのち、夫と三人の息子とともにカナダに移住。幼稚園の教員を経て長老派教会の仕事に従事し、1987年に作家としてのキャリアをスタートさせる。以来、数多くのロマンス小説を世に送りだし、Scarlet Angelを含む7作品でRITA(アメリカロマンス作家協会)賞のファイナリストに選ばれる

    細田 利江子
    佐賀県出身。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス F-ソ3-1
  • ページ数
    535p
  • ISBN
    978-4-86332-235-6
  • 発売日
    2010年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

890 (税込:961

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 革命の嵐が吹き荒れる1792年フランス。パリを訪れていた若きイギリス人公爵カムは、“九月虐殺”のさなか、フランス人の継母と幼い妹をむごたらしく殺される。九死に一生を得た彼は、あの日やはり処刑を免れた一人の少女を忘れられずにいた。輝く金色の髪にエメラルドのような緑の瞳―彼女、ガブリエルは、虐撮の扇動者とも言えるある男の孫だった。あれから11年、復讐を胸に仇敵を追いつづけてきたカムは、美しく成長したガブリエルをさらい、コーンウォールの崖にたつ居城に幽閉する。だが、復讐という名の赤い糸は、いつしか心焦がす情熱へと姿を変え…。19世紀初頭の英仏を舞台に贈る感動のロマンス。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:SCARLET ANGEL
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 潮騒の城に閉ざされて
  • 潮騒の城に閉ざされて

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中