ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 異郷に生きる 来日ロシア人の足跡 5

  • 異郷に生きる 来日ロシア人の足跡 5

異郷に生きる 来日ロシア人の足跡 5

  • ページ数
    354p
  • ISBN
    978-4-915730-80-1
  • 発売日
    2010年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕末の開港とともにやって来て発展したロシア正教会。日露戦争、日露協商、ロシア革命、大陸での日ソの対峙、そして戦後。その間にも多様な形で続けられてきた交流の歴史。さまざまな地域、時期における日露交流の記録を掘り起こして好評のシリーズ第5弾!!
目次
1.正教会の人びと
長縄 光男《日本正教史への助走》宣教師ニコライの東北巡回(1881年)
清水 俊行宣教師アンドロニクの日本滞在記より(四)──再び 大阪にて(旧暦1898年〔明治31年〕8月22日―10月9日)──
スハーノワ ナタリア日本正教会の在米メトロポリアへの併合をめぐって(1946~1947年)

2.戦争、そして平和
桧山 真一水兵モケエンコが語るサハリンでの冒険と日本兵の蛮行
ミハイロバ ユリア日露戦争後のロシアの新聞に見る日露関係と日本(1906―1910年)
サヴェリエフ イゴリ日露関係の「黄金時代」を構築して──本野一郎と日露接近1906―1916年──

3.激浪のなかで
舟川 はるひウラジオストク総領事館館員拘禁事件についての考察
中嶋毅満洲国白系露人事務局の創設──1934―35年
倉田 有佳Kh・P・ビリチの生涯より──わが子を学ばせた日本の「カトリック系フランス人学校」
中村 喜和ワレーリー・ヤンコフスキー作「旧教徒」
松村 都オーストラリアのロシア人──彼ら自身が記録したその歴史──

4.学者・文化人たち
藤本 和貴夫Е・ Г・スパルヴィン──激動の日露・日ソ関係を生きたロシア最初の日本研究者──
沢田 和彦ブロニスワフ・ピウスツキとニコライ・マトヴェーエフ
小山内 道子『月刊ロシヤ』(1935~1944)を渉猟して──雑誌の起源、そして米川文子、マトヴェーエフ、黒田乙吉を読む──
安井 亮平ブブノワの見たタウト──「ブブノワとタウト」その2──
塚本 善也音楽家の出会い/文化の交差──チェレプニンと江文也

5.文化活動を介して
太田 丈太郎レニングラードの『織田信長』(2)──上演をめぐる新資料──
ポダルコ ピョートル亡命ロシア人と映画──銀幕の歴史を踏まえて──
神長 英輔うたごえ運動のなかのロシア

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 異郷に生きる 来日ロシア人の足跡 5
  • 異郷に生きる 来日ロシア人の足跡 5

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中