ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険

  • いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険

いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険

  • マイケル・J.フォックス/著 入江真佐子/訳 フォックス,マイケル・J.(Fox,Michael J.)
    1961年、カナダのエドモントンに生まれる。テレビ・ドラマ『ファミリー・タイズ』のアレックス・キートン役を好演し、人気を不動のものとする。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの大成功でトップスターとなる。2000年、テレビ・ドラマ『スピン・シティ』の主役を降板するとともに、「パーキンソン病研究のためのマイケル・J・フォックス財団」を創設。以後、パーキンソン病治癒を目指す研究の支援活動を積極的に行なう

    入江 真佐子
    1953年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。英米文学翻訳家

  • ページ数
    333p
  • ISBN
    978-4-7973-5520-8
  • 発売日
    2010年04月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『ラッキーマン』の続編、ついに刊行。
    「ぼくの歩みは一歩前進二歩後退のようなものかもしれない。
    だが、パーキンソン病とともに過ごしてきて、大事なことは、いつも上を向いて、その一歩を数えることだということを、ぼくは学んだ。」
    2000年、進行する病状の中、俳優業を引退したマイケルは、「パーキンソン病研究のためのマイケル・J・フォックス財団」を設立し、パーキンソン病患者のための活動を開始する。
    しかし、それは新たな試練と闘いの始まりであった。
    クリストファー・リーヴやモハメド・アリとの出会いと友情。
    パーキンソン病研究を支援するために政治へのコミット。
    著名なラジオ・パーソナリティの心ない中傷。
    『ラッキーマン』以降、マイケル・J・フォックスは、どんな体験をし、どんな思いで生きてきたのか。
    進行する病状の中、どんな逆境の中でもユーモアと希望を失わず、家族とパーキンソン病患者のために闘う自らの姿を生き生きと綴った感動の自叙伝。
目次
1 仕事
2 政治
3 信仰
4 家族

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:ALWAYS LOOKING UP
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険
  • いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中