ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会の思考 リスクと監視と個人化

  • 社会の思考 リスクと監視と個人化

社会の思考 リスクと監視と個人化

  • 三上剛史/著 1952年京都府生まれ。京都大学文学部卒業。京都大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、神戸大学大学院国際文化学研究科教授、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ISBN
    978-4-7620-2061-2
  • 発売日
    2010年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,430

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 新たな理論群に対して個人と社会の関わりを根本的に捉え直すという視点から接近していく。(社会図書総目録より)
目次
序章 “個人と社会”再考
第1章 社会の“終焉”
第2章 個人化する社会
第3章 リスクと連帯
第4章 分割できない社会
第5章 監視社会
第6章 生権力と統治性
第7章 個人の意識と社会のシステム
第8章 “行為者とシステムは別れた”
第9章 「と」の論理
第10章 社会の個人

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会の思考 リスクと監視と個人化
  • 社会の思考 リスクと監視と個人化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中