ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ

  • 絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ

絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ

  • アンヘル・エステバン/著 ステファニー・パニチェリ/著 野谷文昭/訳 エステバン,アンヘル(Esteban,´Angel)
    1963年サラゴサ生まれ。グラナダ大学で教鞭を執る文学研究者

    パニチェリ,ステファニー(Panichelli,St´ephanie)
    1978年ブリュッセル生まれ。ロバイナ大学で卒業論文「ガルシア=マルケスとキューバ革命」を書いた後、ハバナの文学・言語学研究所でリサーチを行い、帰国後グラナダ大学でアレナスをテーマに博士論文を書く

    野谷 文昭
    1948年神奈川県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部現代文芸論専修教授。東京外国語大学外国語学研究科修士課程修了(ロマンス系言語)

  • ページ数
    383p
  • ISBN
    978-4-10-506161-6
  • 発売日
    2010年04月

2,300 (税込:2,484

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 文学者と革命家―ラテンアメリカの“英雄”たちが結ぶ「伝説的友情」の語られざる真実。
目次
序 芸術と蠅
第1部 友情の始まり(まだ神々が遊んでいたころ
知ることが右でなければ、それは左にちがいない
追跡と終焉:“パディーリャ事件”)
第2部 権力と栄光(権力の誘惑
死者と花に彩られたこの老いた政権:秋の族長
家族写真に写っていないのは誰だ?
「カリブの女王」:完全上陸
アンゴラのキューバ人:「カルロータ作戦」
私は高く舞い上がりすぎ、もうアスファルトの道路が見えない
艫に衣類を余分に詰めて…
社会参加から「楽園」へ)
第3部 キューバから天へ:神、ハバナに入る(カストロとの友情の表と裏
そして夢は…それは映画だ:サン・アントニオ・デ・ロス・バニョス
裁きか報復か?:オチョア事件
十字架に釘付けにされて:ゴルダ丘のエリアン
エピローグ:あるエレベーターの物語)
補遺 もう歌わない白鳥の末期

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:GABO Y FIDEL
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ
  • 絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中