ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レイラインハンター 日本の地霊を探訪する

  • レイラインハンター 日本の地霊を探訪する

レイラインハンター 日本の地霊を探訪する

  • 内田一成/著 1961年、茨城県生まれ。マルチメディアプランナー、ライター。登山や辺境への旅を通して、自然と人との関わりあいに興味を持ち、修験道やレイラインの研究へと進む。GPSやデジタルマップを駆使する機動的なフィールドワークを行う。客観的なデータの集積から神秘に迫るその手法が注目されている。2001年より、WEBサイト"レイラインハンティング"(www.ley-line.net)を運営。

  • ページ数
    298p
  • ISBN
    978-4-86204-140-1
  • 発売日
    2010年04月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ”レイライン”の意味がわかれば、ぼくが長年、疑問に思ってきた、土地に固有の雰囲気=地霊の本質に迫れるかもしれない……。地霊を感じる場所(聖地)同士を結ぶことで表れてくる直線(レイライン)を最新のGPSとデジタルマップを駆使して、日本各地を実踏検証! 東北の古代遺跡を足がかりに、巨石文化とアラハバキ信仰について考察し、さらに北関東の東国三社・鹿島神宮、香取神社などと徳川光圀の関係を検証。首都・東京の原型となった江戸に周到に仕組まれた怪僧・天海の風水術、近畿エリアに隠された巨大五芒星の謎、北陸・若狭の不老不死伝説など、現代に残された先人たちの軌跡をたどり、古代の叡知に迫る!
目次
プロローグ
 
地霊の気配/聖地を結ぶレイライン日本を東西に貫くレイライン/レイラインハンティング
 
第一章東北巨石文化とアラハバキ信仰
 
北東北に栄えた古代文明・三内丸山/大湯ストーンサークルとピラミッドが指し示すモノ/東北における巨石信仰の源流/坂上田村麻呂の呪い
 
第二章関東一東国三社と蝦夷
 
記紀神話と東国三社/巨石信仰と東国三社
 
第三章関東二水戸光圀と巨石信仰
 
水戸黄門とレイライン/熊野さまの導き
 
第四章東京江戸五色不動を巡る
 
江戸城を守る五芒星の結界/怪僧“天海”/光揺らめく不動明王
 
第五章信州白馬風切地蔵と戸隠信仰
 
白馬を天災や疫病から守る風切地蔵/土地に呼ばれるということ/冬至の日の出を迎え入れる
 
第六章京都封じ込められた怨霊
 
上賀茂神社の歪んだ空間/怨霊から逃れて辿りついた平安京/洛北に隠されたもの/秘められた近畿の五芒星
 
第七章近畿隠された五芒星を巡る
 
2000年前に描かれた五芒星/伊吹山/元伊勢/淡路島・伊弉諾神社/熊野/伊勢
 
第八章能登イルカ伝説と泰澄
 
イルカと交感するシャーマン/能登に存在した「イルカ呼び」/泰澄の「魔物封じ」/気多神社の「特殊神事」/中谷家と能登・手仕事屋
 
第九章若狭不老不死伝説と空海
 
八百比丘尼/不老不死を求めた者たち/神々の宿る場所
 
第十章沖縄女神を祭る聖地
 
男子禁制の聖地/今帰仁・クボー御嶽/返戸岬・安須森御嶽/首里・首里森御嶽/女神からの贈り物

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

”レイライン”の意味がわかれば、ぼくが長年、疑問に思ってきた、土地に固有の雰囲気=地霊の本質に迫れるかもしれない……。地霊を感じる場所(聖地)同士を結ぶことで表れてくる直線(レイライン)を最新のGPSとデジタルマップを駆使して、日本各地を実踏検証! 東北の古代遺跡を足がかりに、巨石文化とアラハバキ信仰について考察し、さらに北関東の東国三社・鹿島神宮、香取神社などと徳川光圀の関係を検証。首都・東京の原型となった江戸に周到に仕組まれた怪僧・天海の風水術、近畿エリアに隠された巨大五芒星の謎、北陸・若狭の不老不死伝説など、現代に残された先人たちの軌跡をたどり、古代の叡知に迫る!

作り手の思い

机上の空論ではなく、著者が15年という歳月をかけて、実際にその場所に行き、GPSなどで計測して導きだした文章は、圧倒的な説得力で読む人に迫ります。歴史学者でもなければ、宗教家でもない著者だからこそ、偏見や思い込みのないフラットな目線で日本全国を訪ね、地元の人々と出会い、全身で感じた思いを素直に綴っています。都内に残っているお寺建立の意味、テレビドラマでなじみ深い水戸黄門様にまつわる東国三社の謎、古都・京都の奥深くに潜む怨霊、若狭に伝わる不老不死伝説、沖縄の女神信仰……。絶対に旅行ガイドブックには乗らない、だけど読んでおくと旅行が何倍もおもしろくなります。そして、この本に掲載されているエリアだけでなく、自分の身の回りの場所にも何かがあるかもしれない、と出かけてみたくなる一冊です。

ページの先頭へ

閉じる

  • レイラインハンター 日本の地霊を探訪する
  • レイラインハンター 日本の地霊を探訪する

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中