ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 比較教育学研究 40 公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって

  • 比較教育学研究 40 公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって

比較教育学研究 40 公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって

  • 巻の書名
    公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって
  • ISBN
    978-4-88713-974-9
  • 発売日
    2010年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,700 (税込:1,870

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 特集学力調査の国際比較

    論文
    高等教育における「ジェネリックスキル評価」を巡る問題点と今後の課題(野田文香)
    What Kinds of Educational Inputs Foster the Completion of Primary Education?(Makiko NAKAMURO)
    マレーシアにおける伝統的イスラーム学習の変容(久志本裕子)
    イギリスの資格制度改革における「アカデミック-職業ディバイド」の実態(飯田直弘)
    大会報告
    公開シンポジウム学力調査の国際比較―学力観と政策をめぐって―
    各国における学力調査の位置づけと比較検討(浅沼茂)
    ロシアにおける学力調査の役割と課題(岩﨑正吾)
    アメリカにおける学力調査の位置づけと役割(末藤美津子)
    開発途上国における学力国際調査の意義と可能性(馬場卓也)
    ラテンアメリカ:学力国際比較調査へ関心と焦燥(斉藤泰雄)
    課題研究Iグローバリゼーションの中の「格差社会」と教育(近藤孝弘)
    課題研究II留学生政策の比較分析(大塚豊)
    〈書評〉
    〈文献紹介
目次
論文(高等教育における「ジェネリックスキル評価」を巡る問題点と今後の課題―オーストラリアと米国の取組から
What Kinds of Educational Inputs Foster the Completion of Primary Education?:The Case of the Kagera Region of the United Republic of Tanzania
マレーシアにおける伝統的イスラーム学習の変容
イギリスの資格制度改革における「アカデミック―職業ディバイド」の実態―「学力」と「地域性」に焦点を当てた事例分析を中心に
フランス市民性育成に見る文化的中立性と多文化主義―1990年代に始まる新たな公共性理論の展開と学校教育との関連)
大会報告 公開シンポジウム 学力調査の国際比較―学力観と政策をめぐって(各国における学力調査の位置づけと比較検討
ロシアにおける学力調査の役割と課題
アメリカにおける学力調査の位置づけと役割―NAEP、TIMSS、PISAに注目して
開発途上国における学力国際調査の意義と可能性―アフリカ三ヶ国における数学教育を事例として
ラテンアメリカ:学力国際比較調査への関心と焦燥
グローバリゼーションの中の「格差社会」と教育
留学生政策の比較分析―日本の「留学生30万人計画」を軸として)
書評
文献紹介

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 比較教育学研究 40 公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって
  • 比較教育学研究 40 公開シンポジウム報告・学力調査の国際比較 学力観と政策をめぐって

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中