ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロボット演劇 ロボットが演劇?ロボットと演劇!?

  • ロボット演劇 ロボットが演劇?ロボットと演劇!?

ロボット演劇 ロボットが演劇?ロボットと演劇!?

  • ISBN
    978-4-87259-359-4
  • 発売日
    2010年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ロボットが演劇? ロボットと演劇!?
    世界的に活躍する2人がタッグを組んだ

    国際的に活躍中の二人の天才,ロボット学者石黒浩教授と劇作家・演出家の平田オリザ教授のコラボレーションにより生まれた世界初の試みであるロボット演劇をビジュアルに紹介する.
    二人の対談を軸に,ロボット役者wakamaruの産みの親やプログラミング担当者のエッセー,言語学からみた評価などを織り交ぜ,科学と芸術,哲学が融合した境地を描き出す.平田オリザ作「働く私」台本も完全掲載.
目次
メッセージ
ロボット演劇「働く私」に寄せて(鷲田清一 大阪大学総長)

制作過程
ロボット演劇「働く私」が上演されるまで

プロフィール
平田オリザ・石黒浩

対談 ロボットが演劇? ロボットと演劇!?
平田オリザ×石黒浩 金水敏(司会)

台本
ロボット演劇「働く私」(平田オリザ)

エッセイ
ロボット研究とは人間の心を知ること(石黒浩)
ロボット演劇の開発(黒木一成)
「ええ、まぁ」の言語学(金水敏)

ロボット
コミュニケーション・ロボット「WAKAMARU」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21×21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ロボット演劇 ロボットが演劇?ロボットと演劇!?
  • ロボット演劇 ロボットが演劇?ロボットと演劇!?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中