ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 尾崎翠砂丘の彼方へ

  • 尾崎翠砂丘の彼方へ

尾崎翠砂丘の彼方へ

  • 川崎賢子/著 川崎 賢子
    1956年生まれ。東京女子大学大学院文学研究科修了。文芸評論家、早稲田大学二〇世紀メディア研究所客員研究員

  • ページ数
    441p
  • ISBN
    978-4-00-022405-5
  • 発売日
    2010年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 聴覚や嗅覚の世界を巧みに表現する特異な言語感覚で知られ、代表作「第七官界彷徨」を含む一連の作品を発表後、彗星のように消え去った作家尾崎翠とは何者であったのか。彼女の作品世界に注がれたさまざまな水脈を、同時期の文芸思潮に照らしながら精緻に読み解くことで、斬新かつ厚みのある作家像を時代のなかに呈示する。
目次
第1章 歩くことと書くこと―初期散文から「歩行」まで
第2章 兄の知と妹の変奏―ナンセンス・ユーモアの方へ
第3章 めくるめく「七」の世界―「第七官界彷徨」
第4章 転生する「小野町子」
第5章 読む女、書く女、書かれた女
おわりに―柔かい海

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 尾崎翠砂丘の彼方へ
  • 尾崎翠砂丘の彼方へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中