ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 坂本龍馬の人間術 敵をも味方につける真髄とは

  • 坂本龍馬の人間術 敵をも味方につける真髄とは

坂本龍馬の人間術 敵をも味方につける真髄とは

  • 童門冬二/著 童門 冬二
    本名、太田久行。1927年(昭和2年)、東京生まれ。東京都立大学事務長、東京都広報室課長、広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任。1979年(昭和54年)、美濃部都知事の引退とともに都庁を去り、作家活動に専念。在職中に培った人間管理と組織の実学を、歴史と重ね合わせ、小説、ノンフィクションの娠界に新境地を拓く。『暗い川が手を叩く』で第43回芥川賞候補。日本文藝家協会ならびに日本推理作家協会会員。1999年(平成11年)、春の叙勲で勲三等瑞宝章を受章

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-569-77836-5
  • 発売日
    2010年03月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 敵をも味方につける神髄とは―。
目次
第1章 龍馬に学ぶ人間の三つの出会い
第2章 龍馬の自己変革と人間ネットワーク編成法
第3章 “刀の時代”の人間関係
第4章 “ピストルの時代”の人間関係
第5章 “国際法の時代”の人間関係
第6章 そして―龍馬と現代のビジネスマンとの人間関係

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 坂本龍馬の人間術 敵をも味方につける真髄とは
  • 坂本龍馬の人間術 敵をも味方につける真髄とは

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中