ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 戦国武将の意外な関係 たとえば、真田幸村と本多忠勝は親戚だった!?

  • 戦国武将の意外な関係 たとえば、真田幸村と本多忠勝は親戚だった!?

ポイント倍率

戦国武将の意外な関係 たとえば、真田幸村と本多忠勝は親戚だった!?

  • 加賀康之/著 加賀 康之
    1974年生まれ。鳥取県出身。愛知県在住。会社員

  • シリーズ名
    PHP文庫 か52-3
  • ISBN
    978-4-569-67406-3
  • 発売日
    2010年03月

667 (税込:720

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 権謀術数の渦巻く戦国乱世―武将たちは、野望達成や保身をかけて複雑な人間模様を繰り広げ、様々な繋がりを築いていった。本書では、一般には知られていない縁戚関係をはじめ、君臣の交わり、ライバル同士の絆、親子数代にわたる奇縁まで、34の「意外な関係」を厳選して紹介。戦国マニアは「なるほど!」と頷きながら、初心者は「まさか!?」と驚きながら楽しめる歴史読み物。
目次
第1章 驚きの事実!あの二人は親戚だった(真田幸村と本多忠勝―乱世に名を馳せた勇将同士の縁戚関係
伊達政宗と塙団右衛門―東北の雄と豪傑を繋いだ娘 ほか)
第2章 戦国の華!歴史に刻まれた男の絆(上杉景勝と佐竹義宣―激戦を極めた北関東戦国志の顛末
立花宗茂と島津義弘―二人の勇将を結んだ朝鮮出兵の賜物 ほか)
第3章 乱世に光る!君臣・師弟・同志の情(武田信玄と伊達政宗―甲斐の虎と独眼竜を導いた恩師の師弟関係
織田有楽斎と徳川家康―御家存続を果たした茶人と天下人の交流 ほか)
第4章 発掘!激闘の陰に人間ドラマあり(最上義光と直江兼続―猛将を結ぶ長谷堂城への道
朝倉義景と本願寺顕如―北陸六十年戦争を待ち受けていた歴史の皮肉 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 戦国武将の意外な関係 たとえば、真田幸村と本多忠勝は親戚だった!?
  • 戦国武将の意外な関係 たとえば、真田幸村と本多忠勝は親戚だった!?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中