ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 淀川長治 私の映画遺言

  • 淀川長治 私の映画遺言

ポイント倍率

淀川長治 私の映画遺言

  • 淀川長治/著 1909~1998兵庫県生まれ。映画解説者・映画評論家。雑誌編集者から映画の解説に。テレビ朝日の長寿番組『日曜洋画劇場』での「怖いですねえ、恐ろしいですねえ」や番組最後の「それでは次週をご期待ください。さよなら、さよなら、さよなら」は有名で、独特の語り口で多くのファンを得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • シリーズ名
    人間の記録 176
  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-284-70046-7
  • 発売日
    2010年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 独特の語り口調で多くの映画ファンに親しまれた淀川さん。本書は、彼が観た映画の話に自分の人生エピソードを添えて書いている。映画をこよなく愛した「淀川さん」が伝わってくる。
目次
第1部(サイレントからの第一歩
見せる心がまえ
映画が体じゅうにしみこんで ほか)
第2部(私は見た見たニコニコ大会
パラマウント映画のジュリアン・エルティング
スタアが画面に登場する瞬間 ほか)
第3部(今に生きる明治三十二年の映画のこと
貝に耳をあてるとこんな音が聞こえた
映画がそのフタを開ける時 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 淀川長治 私の映画遺言
  • 淀川長治 私の映画遺言

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中