ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 宗教で読む戦国時代

  • 宗教で読む戦国時代

宗教で読む戦国時代

  • 神田千里/著 神田 千里
    1949年生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、東洋大学文学部教授。博士(文学)。専門は日本中世史(中世後期の宗教社会史)

  • シリーズ名
    講談社選書メチエ 459
  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-06-258459-3
  • 発売日
    2010年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 宣教師も驚いた戦国日本人の高度な精神性。その「ゆるやかな宗教性」のバックボーンとしての「天道」思想をキーワードに、一向一揆、キリシタン論争から島原の乱まで、日本人の心性に新たな光を投げかける。
目次
第1章 宣教師の見た日本の宗教(宣教師の見た日本
仏教とキリスト教との出会い
魂は永遠か―禅宗との論争)
第2章 戦国びとの信仰(「天道」思想の浸透
聖俗の棲み分け―戦国時代の「王法」と「仏法」)
第3章 一向一揆の実像(教団のための戦い
政治抗争の中の一向一揆
一向一揆の特質)
第4章 戦国大名・統一政権と宗教(戦国大名と教団の自治
アジールの統制
諸教団の共存)
第5章 島原の乱と禁教(宗教一揆としての島原の乱
島原の乱の宗教的背景
禁教と日本の宗教)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 宗教で読む戦国時代
  • 宗教で読む戦国時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中