ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これなら読める龍馬からの手紙 日本を今一度、洗濯いたし申し候

  • これなら読める龍馬からの手紙 日本を今一度、洗濯いたし申し候

ポイント倍率

これなら読める龍馬からの手紙 日本を今一度、洗濯いたし申し候

  • 斎藤孝/著 齋藤 孝
    1960年、静岡生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論

  • ページ数
    96p
  • ISBN
    978-4-09-388101-2
  • 発売日
    2010年02月

1,100 (税込:1,188

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 坂本龍馬は、33年の生涯に膨大な手紙を書き残した。とくに、心を許した女性あての手紙からは素顔の龍馬像が浮かび上がる。敬慕する実の姉・乙女、いちばん可愛がっていた姪・春猪、初恋の人・平井かほ、年上の彼女(?)・寺田屋お登勢、そして最愛の妻・お龍。5人にあてた手紙を、ベストセラー『声にだして読みたい日本語』の著者、齋藤孝氏のわかりやすい現代語訳で読む本。
目次
文久三年六月二十九日(1863・8・13)姉・坂本乙女あて「日本の洗濯」
文久元年九月十三日(1861・10・16)初恋の人・平井かほあて「初恋の人を革命に誘う手紙」
文久三年五月十七日(1863・7・2)乙女あて「エヘン顔の手紙」
文久三年八月十四日(1863・9・26)乙女あて「佐那さんを紹介する手紙」
慶応元年九月九日(1865・10・21)乙女、姪・春猪あて「妻、お龍を紹介する手紙」
慶応二年一月二十日(1866・3・6)姪・春猪あて「薩長同盟締結前夜の手紙」
慶応二年十二月四日(1867・1・9)乙女あて「新婚旅行報告」
慶応三年二月十三日(1867・3・18)寺田屋お登勢あて「変名の手紙」
慶応三年四月初旬(1867・5)乙女あて「浮木の亀の手紙」
慶応三年五月二十八日(1867・6・30)お龍あて「妻への手紙」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • これなら読める龍馬からの手紙 日本を今一度、洗濯いたし申し候
  • これなら読める龍馬からの手紙 日本を今一度、洗濯いたし申し候

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中