ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヘミングウェイの流儀

  • ヘミングウェイの流儀

ポイント倍率

ヘミングウェイの流儀

  • 今村楯夫/著 山口淳/著 今村 楯夫
    1943年、静岡県生まれ。東京女子大学教授。日本ヘミングウェイ協会会長。キューバのヘミングウェイ博物館を訪れたことをきっかけに、1992年に日本ヘミングウェイ協会を設立。以来、ヘミングウェイ協会(USA)の国際大会にて論文を発表するなど、各国の研究者との交流も盛んに行っている。2001年より同協会の会長に就任

    山口 淳
    1960年、兵庫県生まれ。大学在学中から雑誌の編集に携わり、卒業後は、ファッション誌、旅行雑誌、モノ雑誌などでエディター、ライター及びディレクターとして活動後、ライター専業に。とくに服飾とプロダクト全般に詳しい

  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-532-16734-9
  • 発売日
    2010年03月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヘミングウェイの小説にはさまざまな“モノ”が描かれている。一方、米ボストンのJFKライブラリーには、ヘミングウェイのさまざまな身の回り品が収蔵され、買い物の領収書や注文書なども保管されている。それらの“モノ”を照合させ、また見比べながら、ヘミングウェイという20世紀に生きたひとりの作家の実像を明らかにする。
目次
ファッション/カジュアル篇 アメリカン・カジュアルウェア黄金期の記録(下着をはくことが私にはフォーマルなのだ―ショーツ
実用的で長く愛用できるものを選ぶ―サンダル ほか)
ファッション/ドレス篇 ナチュラルショルダーとヘミングウェイの時代(ブルックスでプロポーズ大作戦―スーツ1
ジャズスーツが正装―ジャケット1 ほか)
愛用品/仕事篇 よく書き、よく読み、よく遊ぶ(「省略の文体」を支えた本棚―愛蔵書
第一稿は2Bの鉛筆で書く―鉛筆 ほか)
愛用品/趣味・生活篇 ハードボイルド・リアリズムと20世紀デザイン(鼻パッドのノンシャラン!―眼鏡
オルドニェス牧場のルイ・ヴィトン―バッグ1 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ヘミングウェイの流儀
  • ヘミングウェイの流儀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中