ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈知の成長モデル〉へのアプローチ イノベーション創造に対する知の創造・活用・事業化

  • 〈知の成長モデル〉へのアプローチ イノベーション創造に対する知の創造・活用・事業化

〈知の成長モデル〉へのアプローチ イノベーション創造に対する知の創造・活用・事業化

  • 小坂満隆/著 1952年7月1日生まれ。1977年京都大学工学研究科数理工学専攻修士課程修了。(株)日立製作所システム開発研究所入所。1984年テキサス大学宇宙工学科に客員研究員として1年間留学。2001年同所研究所長。2005年(株)日立製作所情報通信グループIDソリューション事業部事業部長。2008年北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科教授。文部科学省サービスイノベーション人材育成プロジェクトを始めとするサービスイノベーションの教育・研究に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ISBN
    978-4-7845-0886-0
  • 発売日
    2010年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 研究開発やイノベーション創造という仕事で、最も重要な新しいアイデアは、研究者やクリエーターの脳の中で生まれる。〝知の創造〟、〝知の活用〟、〝知の事業化〟の問題に対して、システム工学のアナロジーや数理的なアプローチが有効な手段を与えてくれる。自然科学や工学で使われている問題解決の手法や方法論を知識創造の領域に展開する、知識創造に関する分野横断的な方法論について、元企業研究所長から開発マネジメント研究に転身した著者が論じる。

目次
第1章 知の成長モデル―理論と実践の融合から生まれたイノベーションの思考モデル
第2章 知識創造モデル―新たな知はどのようにして創造されるのか?
第3章 知識空間概念の導入―いろいろな種類の知をいかに表現するのか?
第4章 知の活用に対する「場の理論」―知はいかにして力を発揮できるのか?
第5章 サービス劇場モデル―知が魅力を発揮するための共創とは?
第6章 知の事業化における新技術と事業の成長モデル―いかにして不確実な新事業を育てていくか?
第7章 KOSAモデル―新事業創生に向けたシステム工学と知識科学の融合
第8章 孫子に学ぶイノベーションマネジメント―知の事業化における戦い方とは?
第9章 自律分散概念による知の協調―知の事業化のための組織論
第10章 未来に向けて―人の幸せのための価値創造

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈知の成長モデル〉へのアプローチ イノベーション創造に対する知の創造・活用・事業化
  • 〈知の成長モデル〉へのアプローチ イノベーション創造に対する知の創造・活用・事業化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中