ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ヒトを観抜く武術の読み

  • ヒトを観抜く武術の読み

ヒトを観抜く武術の読み

  • 長野峻也/著 長野 峻也
    1963年生まれ。岡山理科大学環境化学科中退。現代武道・格闘技・中国武術・古武術など、国内外のさまざまな自己防衛術を体験的に研究、同時に舞踊・健身法などの研究も進め、1999年にそれらの研究成果を纏めた『游心流武術健身法』を立ち上げ、現在にいたる。日本武道医学専門学院二期卒。武道武術雑誌のライター経験後、西荻窪ほびっと村学校、文京学院大学生涯学習センター、ダンス白州ワークショップなどでの武術指導経験を重ねて、現在、シダックス・カルチャークラブ橋本駅前店にて護身術講座の講師を勤める

  • ページ数
    199p
  • ISBN
    978-4-7572-1757-7
  • 発売日
    2010年03月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 洞察力を磨き、五感を超える。
目次
第1章 観の目付け―意識して観察することが第一歩
第2章 抽象化観察法―単純化して観察する
第3章 皮膚感覚で読む―推手訓練で力の流れを察知する
第4章 心法技術―無意識を操る武術の奥義
第5章 読みの実用―洞察力で事前に危機回避する
第6章 読みからの戦略―あらゆる局面で先手を打つ
第7章 道場を選ぶ―武術で解るタイプ別性格
第8章 武術と不思議―武術修行の妖しき世界
第9章 武術に秘められた行法―超脳力を目覚めさせるシステムか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ヒトを観抜く武術の読み
  • ヒトを観抜く武術の読み

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中