ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 表現する女たち 私を生きるために私は創造する 京都精華大学総合講座「女性と芸術」から

  • 表現する女たち 私を生きるために私は創造する 京都精華大学総合講座「女性と芸術」から

ポイント倍率

表現する女たち 私を生きるために私は創造する 京都精華大学総合講座「女性と芸術」から

  • 三木草子/編 レベッカ・ジェニスン/編 三木 草子
    京都精華大学教員。1970年よりウーマン・リブ運動に参加。米国黒人音楽、70年代の女性運動と音楽、女性とジャズを研究

    ジェニスン,レベッカ(Jennison,Rebecca)
    京都精華大学教員。1980年代から女性と文学や芸術について、研究/教育活動を続ける。清水紫琴、森崎和江、富山妙子などに関して翻訳や論文を発表している。京都精華大学のギャラリーフロールにて、三人の女性アーティスト作品展を担当

  • ページ数
    218p
  • ISBN
    978-4-8074-0909-9
  • 発売日
    2009年12月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は京都精華大学総合講座「女性と芸術」から生まれた。おそらく日本で初めてのこの講座は、フェミニストの視点で芸術を再評価する作業と、アーティスト自身が個人史と自らの芸術について語る講義を中心に展開された。学生たちは「芸術」にたいする固定観念から解き放たれ、新鮮な発見に喜びを感じた。本書はこの授業の一端を紹介するものである。
目次
序 表現する女たち
第1部 自己を語る(生き延びていく私たち
女性と表現―映画監督として
『ウーマンハウス』から『加恵、女の子でしょ』まで―出光真子インタビュー)
第2部 音楽家として(孤独と連帯と―オノヨーコ、女性解放をうたう
十九世紀の女性作曲家を通してみる音楽と社会)
第3部 美術史の見方(近世日本美術における女性的な知覚
女性はどう見られ/描かれてきたか―視線の政治学)
あとがき―総合講座「女性と芸術」をふりかえって

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 表現する女たち 私を生きるために私は創造する 京都精華大学総合講座「女性と芸術」から
  • 表現する女たち 私を生きるために私は創造する 京都精華大学総合講座「女性と芸術」から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中