ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 四十にして惑わず サラリーマン「論語」小説

  • 四十にして惑わず サラリーマン「論語」小説

四十にして惑わず サラリーマン「論語」小説

  • 江上剛/著 江上 剛
    1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。’77年に、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。人事、広報等を経ての築地支店長時代の2002年に『非情銀行』を発表。’03年3月に同行を退職し、専業の作家生活に入る

  • シリーズ名
    光文社文庫 え7-3
  • ページ数
    272p
  • ISBN
    978-4-334-74711-4
  • 発売日
    2010年01月

533 (税込:576

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 接待酒のあとは、必ず帰社して、部下に説教を垂れる。叩き上げの営業課長・山中剛の猛烈ぶりは、「酔眼課長」「粘土課長」と呼ばれて、もうすっかり時代遅れになっていた。自信を失い、迷い始めた山中は―(「四十にして惑わず」)。サラリーマン大受難のいまこそ、読むべし!泣けて笑えて、じんとくる。面白すぎて、ためになる。大共感と大納得のユーモア企業小説。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 四十にして惑わず サラリーマン「論語」小説
  • 四十にして惑わず サラリーマン「論語」小説

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中