ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 自由への問い 3

  • 自由への問い 3

自由への問い 3

  • 巻の書名
    公共性 自由が/自由を可能にする秩序
  • 巻の著者名
    阪口正二郎/責任編集
  • ページ数
    220p
  • ISBN
    978-4-00-028353-3
  • 発売日
    2010年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 通常、「自由」と「公共性」は対立するものとされる。この場合、自由とは「他者ではない、私自身が自由であること」を意味し、それに対して、公共性とは「私以外のものの公共性」、つまり国家や社会、共同体の公共性を前提にしてきたはずである。しかし、自由=“私”、公共=“公”という構図は一面的である。自由が公共性を拓く可能性と、逆に、自由を可能にする秩序とはどのようなものかという両面から考えるべきではないだろうか。異論の公共性、自由「濫用」の許容性と「たたかう民主制」、プライバシー権、憲法九条、政治過程とデモクラシー、福祉国家、暴力とリスク等の論点からアプローチする。
目次
対論 自由が/自由を可能にする秩序
1 考察―自由が可能にする秩序とは(異論の窮境と異論の公共性
自由「濫用」の許容性について)
2 問題状況―公共性をめぐる問題の諸相(プライバシー権とは何のための権利なのか
憲法九条と自由
政治過程における自由と公共)
3 構想―自由を可能にする秩序へ(福祉国家の公序―日本国憲法は「最低限度の生活」しか保障しないのか
暴力・リスク・公共圏―国家の暴力/社会の暴力と折り合うための技法)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 自由への問い 3
  • 自由への問い 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中