ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

  • 「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

  • 後藤乾一/著 後藤 乾一
    1943年東京生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授、(財)国際文化会館理事

  • ページ数
    400,18p
  • ISBN
    978-4-00-022403-1
  • 発売日
    2010年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一九六七年から七二年にかけ、佐藤首相の特命を帯びてロストウ、キッシンジャー補佐官と沖縄返還に関わる「核密約」交渉に当った若き国際政治学者・若泉敬(一九三〇‐一九九六)。彼は九四年に著書『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』を公刊し、国家機密の守秘義務を犯すことを承知で、有事核再持ち込みについての「秘密合意議事録」作成の全容を告白する。晩年は核持ち込みという“代償”を強いた沖縄への自責の念から、末期ガンの病躯をおして沖縄への慰霊の旅を重ね、仏門に帰依し、蔵書を焼き、家族と義絶する。若泉はなぜ密命を受任し、凄絶な生涯をたどらなければならなかったのか。現代史家が活写する、ある「国際的日本人」の同時代史。
目次
第1章 越前の片田舎から世界へ(一九三〇‐一九六〇)(篤農家の長男として
越前今立地方の風土 ほか)
第2章 一九六〇年代日米関係の激流へ(一九六〇‐一九六七)(アメリカ研究留学
オピニオン・リーダー会見記 ほか)
第3章 内閣総理大臣特使として(一九六七‐一九七二)(佐藤政権と「沖縄問題」
沖縄返還と核問題 ほか)
第4章 著述への決意(一九七二‐一九九四)(一九七〇年代の著述活動
東南アジア訪問と反日運動 ほか)
第5章 余命尽きるとも(一九九四‐一九九六)(沖縄県知事大田昌秀と若泉敬
後期戦中派の終焉―池田富士夫と若泉敬 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯
  • 「沖縄核密約」を背負って 若泉敬の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中