ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • フリードリヒ・シラーの生涯

  • フリードリヒ・シラーの生涯

フリードリヒ・シラーの生涯

  • ジークリット・ダム/著 中村元保/共訳 渡辺洋子/共訳 中村 元保
    1958年大阪大学文学部卒業。1989年大阪大学文学部教授。1999年梅花女子大学教授(児童文学科)。2001年梅花女子大学学長。大阪大学・梅花女子大学名誉教授

    渡邊 洋子
    現職:大阪学院大学経済学部教授。1963年大阪大学文学部卒業。1980年大阪大学文学部助手。1988年大阪学院大学経済学部助教授

  • ページ数
    589p
  • ISBN
    978-4-8102-0219-9
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 生誕250周年、親しみやすい文章でいきいきと人間シラーを描く。
目次
シラーについて書く―
シラーの作品を読む―
マンハイムにおける『群盗』の初演、「一人の若い男が現れて、その第一歩で戯曲家の長蛇の列をあっという間に追い越してしまった」―ヴュルテンベルク君主による拘留刑と執筆禁止令―シュヴァーベンからの逃亡―
「脱走兵」―偽名での潜伏―借金と窮乏―テューリンゲンの庇護者、流謫の地バウアーバッハ―
マンハイム、「私が日々活動する劇場こそ、私にふさわしい場です。それに幸いなことに、私の情熱は私の仕事でもあるのです」―『たくらみと恋』、『フィエスコ』―窮乏―女性たちとのかかわり、シャルロッテ・フォン・カルプへの愛―ワイマル公臨席のもとダルムシュタット宮廷での朗読―劇団員との衝突、フリックヴォルト事件―座付き作家を解任される―「牢獄」マンハイム、「ここでは地平がうっとうしく僕を圧迫する」
「ライプツィヒからの小包」、後援者クリスティアン・ゴットフリート・ケルナー―ライプツィヒへの旅、見本市の街での滞在―頌歌『歓喜に寄す』―ドレスデンに移住―「四人グループ」―恋愛沙汰―タラント村、『ドン・カルロス』完成―
ワイマルに到着―カルプ夫人との再会、「シャルロッテは、僕たちが十月には一緒になれるだろうという希望に満ちている」―「公爵、ゲーテ、ヴィーラントとヘルダーの欠けたワイマルは、何とつまらない所だろう」―
南テューリンゲンへの冬の騎馬旅行―マイニンゲンの姉クリストフィーネを訪問―バウアーバッハ滞在、「孤独な僕にとってあの頃には興味深く思えた場所のどれひとつからも、今はもはや何の感銘も受けなかった」―
「結婚計画」、「僕は市民的で家庭的な暮らしに憧れている」―市場の法則に沿った道、歴史への傾斜と「経済的文筆業」―
裕福な女性求む、「もし君が(中略)一二〇〇〇ターラーの持参金付きの女性を世話してくれることができるなら、(中略)そうしたらイエーナ大学なんかはくそ食らえだ」―レンゲフェルト姉妹との出会い、「あなた方は私の魂の一部なのです」〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
原題 原タイトル:Das Leben des Friedrich Schiller
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • フリードリヒ・シラーの生涯
  • フリードリヒ・シラーの生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中