ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください

  • 妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください

ポイント倍率

妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください

  • 柘植あづみ/共著 菅野摂子/共著 石黒真里/共著 柘植あづみ(つげ・あづみ)
    1960年生。明治学院大学社会学部社会学科教授。専門は医療人類学。博士(学術)。
    おもな著書・論文として、『文化としての生殖技術』(松籟社、1999年)、『遺
    伝子技術の社会学』(共編著、文化書房博文社、2007年)、「出生前診断は何を
    提起するのか」(藤村正之編著『福祉化と成熟社会』所収、ミネルヴァ書房、
    2006年)ほか。

    菅野摂子(すがの・せつこ)
    1963年生。千葉商科大学、東京家政大学ほか非常勤講師。専門は社会学。博士
    (社会学)。
    おもな著書・論文として、「出生前検査と女性の自己決定」(根村直美編著
    『ジェンダーで読む健康/セクシュアリティ』所収、明石書店、2003年)、「羊
    水検査の受検とその決定要因」(『立教社会福祉研究』第26号所収、2007年)ほか。

    石黒眞里(いしぐろ・まり)
    1959年生。明治学院大学社会学部社会学科社会調査実習室助手。専門社会調査士。
    おもな論文として、「胎児の性別を知りたい/知りたくない理由にみる現代日本
    のジェンダー」(『国際ジェンダー学会誌』第4号所収、2006年)ほか。

  • ISBN
    978-4-903127-11-8
  • 発売日
    2009年12月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この本は、女性の妊娠経験について書かれています。そして、胎児の状態(とくに障害や特別の病気)を調べる出生前検査の経験についても書かれています。出生前検査を受けるか受けないかや、胎児になんらかの「異常」が見つかったらどうするかを人に相談したり、その体験を話したりすることは、とても難しいことです。この本は、375人の女性にアンケートした結果と、26人の女性にインタビューした結果をもとに、いまの日本で妊娠するとはどんな経験なのかを丁寧に描いています。
目次
第1部 アンケート編(妊娠の経験
超音波検査の経験
母体血清マーカー検査の経験 ほか)
第2部 インタビュー編(何を知りたいか
インタビュー調査協力者のプロフィール
妊娠年齢と出生前検査 ほか)
第3部 調査からわかったこと(調査結果から何が見えるのか
妊娠経験と医療
出生前検査を受けるか受けないかの決定要因 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください
  • 妊娠 あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中