ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • くちなしの花のように 救護から介護へ看護に捧げた新井サダの生涯

  • くちなしの花のように 救護から介護へ看護に捧げた新井サダの生涯

くちなしの花のように 救護から介護へ看護に捧げた新井サダの生涯

  • 島田善生/著 榊多嘉子/監修 島田 善生
    昭和28年生まれ。東京大学経済学部卒業。52年埼玉県庁就職。62年持病網膜色素変性悪化の為退職。63年株式会社ワイエスシーエスを設立、システム開発、LAN構築等に従事。県庁退職後しばらくして両眼を失明するも自らコンピュータを駆使し、ソフト開発や自治体主催の講習会等を通じて地域のIT普及に貢献。平成13年埼玉県国際友好情報協同組合理事就任。平成14年同業者と共に、株式会社エンターオンを設立、社長に就任し今日に至る。平成19年榊多嘉子伝出版

  • ページ数
    284p
  • ISBN
    978-4-526-06392-3
  • 発売日
    2010年01月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ナイチンゲール記章、埼玉文化賞などを受賞。その後社会福祉法人「えがりて」の理事長などを務めて来た人間「新井サダ」の波乱の一生をまとめた書。戦中、戦後の日本の看護現場とその中で孤軍奮闘するひとりの女性の生き方を生々しく映し出した自伝。
目次
第1章 看護婦への道(天真爛漫に過ごした少女期
時代は戦争へ)
第2章 看護婦としての船出(固い決意で日赤看護婦養成所へ
船出(たびだち) ほか)
第3章 日赤看護部長として(与野赤十字病院で終戦を迎える
大宮赤十字病院で奮闘 ほか)
第4章 看護の資質向上のために(研修センター建設に向けて
埼玉地域看護研修センターを拠点に地域貢献を)
第5章 第二の人生の船出(高齢化社会に向かって
「えがりて」の誕生)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • くちなしの花のように 救護から介護へ看護に捧げた新井サダの生涯
  • くちなしの花のように 救護から介護へ看護に捧げた新井サダの生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中