ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈図解〉坂本龍馬の行動学

  • 〈図解〉坂本龍馬の行動学

〈図解〉坂本龍馬の行動学

  • 武田鏡村/著 武田 鏡村
    1947年新潟県生まれ。作家、日本歴史宗教研究所所長

  • ページ数
    205p
  • ISBN
    978-4-569-77499-2
  • 発売日
    2010年06月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 土佐・江戸での修業時代、藩内闘争、脱藩、多くの志士たちとの出会い、亀山社中・海援隊での活躍、薩長同盟、船中八策、そして暗殺…。波乱万丈の龍馬の生涯、その「行動の核」となったものは何だったのか?快男児・龍馬の生き様から明日を生き抜く勇気を得る。
目次
序章 龍馬が開いた時代
第1章 龍馬の青春と海への“まなざし”
第2章 海舟との出会いが運命を決める
第3章 龍馬と神戸海軍操練所の格闘
第4章 龍馬と亀山社中の活躍
第5章 龍馬、海援隊を結成する
第6章 龍馬、新時代に飛翔する
第7章 龍馬を暗殺したのは、どの集団か
終章 坂本龍馬の魅力

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈図解〉坂本龍馬の行動学
  • 〈図解〉坂本龍馬の行動学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中