ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 瀬下耽探偵小説選

  • 瀬下耽探偵小説選

瀬下耽探偵小説選

  • 瀬下耽/著 瀬下 耽(セジモ タン)
    1904(明37)年、新潟県柏崎生まれ。本名・網良。別名・秘名生。慶応義塾大学法学部卒業後、写真協会に勤務。戦時中に帰郷してからは、帝国石油に定年まで務めた。在学中の27(昭2)年、『新青年』の懸賞創作探偵小説に「網」を投じ、第2席に入選してデビュー。以後、『新青年』を中心として創作を続ける。33(昭8)年の「罌粟島の悲劇」を最後に、いったん筆を絶つ。戦後は47年になって活動を再開。53年までに四作の短編を発表して、ふたたび沈黙した

  • シリーズ名
    論創ミステリ叢書 42
  • ISBN
    978-4-8460-0907-6
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 女は恋を食べて生きている、男は恋のために死んでいく―怪奇美に耽る犯罪の詩人。名作「柘榴病」ほか全作品を集成。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 瀬下耽探偵小説選
  • 瀬下耽探偵小説選

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中