ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 田中角栄に聞け 民主政治と「七分の理」

  • 田中角栄に聞け 民主政治と「七分の理」

ポイント倍率

田中角栄に聞け 民主政治と「七分の理」

  • 塚本三郎/著 塚本 三郎
    元・衆議院議員、民社党委員長。1927年愛知県名古屋市生まれ。名古屋鉄道局に勤務しながら、県立中学校を卒業。1947年国鉄を退職、家具製造卸業を始める。1952年中央大学法学部卒業。1958年衆議院議員選挙に初当選。西村栄一、春日一幸、佐々木良作氏らとともに民主社会党を設立。議院運営委員会理事、書記長を経て、1985年委員長に就任。2000年、40年余の議員生活に幕を閉じて引退。勲一等旭日大綬章受章。国家基本問題研究所理事

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-569-77524-1
  • 発売日
    2010年05月

1,700 (税込:1,836

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • いま、もし田中角栄ありせば…民主党政権の不甲斐ない弟子たちを叱り飛ばしているだろう。かつての「論敵」が哀悼の想いをこめて綴る天才政治家の真実。
目次
官僚支配か、陳情政治か
道路特定財源
政治献金はすべて悪か
日本列島改造論と土建屋政治
ドル・ショックと日米首脳会談
ロッキード事件の本質
エネルギー安全保障
政治を卑しくした田中角栄
大胆に見えて細心
戦略なき案件処理の天才
田中角栄と小沢一郎

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 田中角栄に聞け 民主政治と「七分の理」
  • 田中角栄に聞け 民主政治と「七分の理」

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中