ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 絵筆は語る 自分色を生きた女たち

拡大

  • 絵筆は語る 自分色を生きた女たち

絵筆は語る 自分色を生きた女たち

  • 堀尾真紀子/著 文化女子大学教授(造形文化論)。昭和43年、東京藝術大学美術学部卒業、同47年、同大大学院修士課程修了。44年~45年、パリのフランス国立美術工芸大学留学。著書に『画家たちの原風景―日曜美術館から』(日本放送出版協会・第35回日本エッセイストクラブ賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    181p
  • ISBN
    978-4-86029-310-9
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,400 (税込:2,592

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 激動の二十世紀を生き抜いた女性たちの意志の支えとなっていたものは、魂の自由への飢餓感―。外なる力が大きいほど抵抗する力は鍛えられ、魂は研ぎ澄まされる。人生に苦しみ、翻弄されながらも、「自分色」を生きた女性画家たち。
目次
情熱の赤―フリーダ・カーロ(薔薇のコルセット
箱の中の恋文 ほか)
解放の青(自分を見つけた―ニキ・ド・サンファル
自立への階段―レメディオス・バロ)
思索の白(大人への道のり―いわさきちひろ
日々を創る―グランマア・モーゼス ほか)
受容の紫(ひとすじの道―三岸節子
命の尊厳を見据えて―ケーテ・コルヴィッツ)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 絵筆は語る 自分色を生きた女たち

拡大

  • 絵筆は語る 自分色を生きた女たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中