ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 額田王 熟田津に船乗りせむと

拡大

  • 額田王 熟田津に船乗りせむと

額田王 熟田津に船乗りせむと

  • 梶川信行/著 梶川 信行
    1953年東京都生まれ。1981年日本大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。現在、日本大学文理学部教授、博士(文学)。主要著書『万葉史の論 山部赤人』翰林書房、1997年、上代文学会賞受賞ほか

  • シリーズ名
    ミネルヴァ日本評伝選
  • ページ数
    305,7p
  • ISBN
    978-4-623-05598-2
  • 発売日
    2009年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本書紀に息づく生身の額田を探す旅(歴史図書総目録より)
目次
プロローグ 「額田姫王」の実像を求めて
第1章 「額田姫王」の誕生
第2章 宮廷歌人への道
第3章 宮廷歌人としての額田
第4章 宮廷からの退場
エピローグ 等身大の額田は見えたか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

日本書紀に遺された十六文字の記述。そして万葉集の十三首の歌。そのわずかな痕跡から等身大の「額田姫王」の姿を探し求める旅。

ページの先頭へ

閉じる

  • 額田王 熟田津に船乗りせむと

拡大

  • 額田王 熟田津に船乗りせむと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中