ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 伊藤博文 近代日本を創った男

拡大

  • 伊藤博文 近代日本を創った男

ポイント倍率

伊藤博文 近代日本を創った男

  • 伊藤之雄/著 伊藤 之雄(イトウ ユキオ)
    1952年、福井県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。同大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。名古屋大学文学部助教授等を経て、京都大学大学院法学研究科教授。1995~97年、ハーヴァード大学イェンチン研究所・同ライシャワー日本研究所で研究。専攻は近・現代日本政治外交史

  • ページ数
    606p
  • ISBN
    978-4-06-215909-8
  • 発売日
    2009年11月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 没後100年、誰も書けなかった本格評伝! 幕末維新を駆け抜け、初代内閣総理大臣として立憲政治の確立に尽くし銃弾に斃れるまで、「剛凌強直の男」は何を目指したか。全生涯を描き切り実像に迫る決定版!
目次
第1部 青春編
第2部 飛翔編
第3部 熱闘編
第4部 円熟編
第5部 斜陽編
第6部 老境編

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

講談社創業100周年記念出版

伊藤の憤りは、イギリス風の憲法を理想とする大隈重信や福沢諭吉、民権派も、ドイツ風を目指す岩倉具視や法制官僚の井上毅ですら、大隈が2年後の国会開設を唱えていたように、憲法が簡単にできると思っていたことだった。伊藤は、憲法の条文を作るだけではなく、それを機能させるためには、国民意識の成熟、官僚制・教育制度・地方制度など様々な改革が、同時に必要であると考えた。(中略)日本の歴史と伝統を背負った天皇にどのような役割を与えるかも、注意深く検討する必要があった。――<本書より>

ページの先頭へ

閉じる

  • 伊藤博文 近代日本を創った男

拡大

  • 伊藤博文 近代日本を創った男

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中