ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀

拡大

  • ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀

ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀

  • 棚瀬慈郎/著 棚瀬 慈郎(タナセ ジロウ)
    1959年生まれ。1990年京都大学大学院文学研究科博士課程研究指導認定退学。現在、滋賀県立大学教授。専攻は文化人類学

  • ページ数
    157,10p
  • ISBN
    978-4-00-023783-3
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一九世紀末から一九三〇年代にかけて、ダライラマ一三世の側近として活躍したブリヤート系モンゴル人アグワン・ドルジーエフ(一八五四~一九三八)の波乱の生涯を描く評伝。遊牧民の子として生れ、チベット仏教ゲルク派の最高学位を授与されたドルジーエフは、ロシア、英国、中国と渡りあって、仏教とチベットの独立を守るために奔走した。彼は、スターリン治下のソ連で悲劇的な最後を遂げたが、その構想は国家や民族の枠を超えて甦りつつある現在の内陸アジアの仏教世界の中に生きつづけている。
目次
1 ラサへ
2 ダライラマ一三世の外交官になる
3 英国武装使節団、ラサを侵攻する
4 イフ・フレーから北京へ
5 ダライラマ一三世との別れ
6 ロマノフ王朝の崩壊
7 ソヴィエト体制下での活動
8 死

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀

拡大

  • ダライラマの外交官ドルジーエフ チベット仏教世界の20世紀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中